中古一戸建ての購入まで

中古一戸建ての購入まで 中古一戸建てを購入するまでに、いくつか考慮する点があります。
まず大切なことは、購入したい中古一戸建ての場所です。
できるだけ交通の便の良いところにある家を購入しましょう。
中古の場合は家の資産価値は低いです。
特に築年数が古い家だったら、家自体の資産価値はかなり下がってしまいます。
しかし、土地が交通の便の良いところに会ったら、その家の資産価値は高くなります。
将来は貸家として活用することもできますし、家は解体して、土地だけ売りに出すこともできます。
次に注意する点は、その家の強度です。
日本は災害の多い国です。
特に大きな地震が起こりやすく、地震に対して弱い家だったら、大きな地震が起こった時に倒壊の恐れがあります。
昭和56年以降に建てられた家は、より厳格な耐震基準に基づいており、地震の時に倒壊することが少なくなっています。
実際に過去の大きな地震で倒壊した家は、昭和56年以前に建てられたものでした。
中古の家を買う時は、できるだけ昭和56年以降に建てられた家にしましょう。
そんな家だったら、大きな地震の時も倒壊しにくいので、安心して生活することができます。
家に使われている資材も家に強度に関係しています。
一般に木造の家は地震や火事に弱いです。
鉄骨や鉄筋コンクリート造は家に強くて、災害時にも安心です。
家の造りも調べましょう。

失敗しない為に覚えておきたい中古一戸建ての段取り

失敗しない為に覚えておきたい中古一戸建ての段取り 最近は、中古一戸建てでも、魅力的なリフォーム物件やリノベーション物件が増えてきているので、中古一戸建てを選んで購入する人が多くなってきています。
中古の一戸建ては、見学することができる場合が多いので、気になる物件があった場合には、まずは見学をすることが大切です。
オープンハウスをやっていなくても、連絡をすると見せてくれることが多いので、遠慮せずに見学し、気に入った場合でも3回は実際に見に行き、家の内部の状態や暖房などの設備、敷地や周辺の環境を確認しながら、自分が住むというイメージが持てるかどうかを確認しましょう。
気に入った物件の購入を決めたら、すぐに仲介業者に連絡をすることも大切です。
希望する人が他にいる場合、連絡が早い方に購入権があることが一般的で、キャンセルが出た場合に次の順番の人に回ってくることになります。
気に入った物件と同じものは二度と出ないので、ローンなどの資金が気になるかもしれませんが、まずは連絡をして順番をおさえてから、ローンの審査を受けるという段取りがおすすめです。
申し込みをするときに、手付金が必要になることがあるので、仲介業者に確認することも大切です。
手付金を払うことで、購入の優先順位が確定します。

中古一戸建て関連リンク

東京の中心、文京区を重点地域とした中古一戸建て情報

文京区 中古一戸建て